学校法人たちばな学園 厚生労働大臣指定校

新着情報


  • ニュース

    2019年12月25日

    卒後研修・同窓会委員会主催の本校卒業生による講演会と茶屋四郎次郎記念学術学会の講演会が行われました

    12月10日(火)、本校講堂にて卒後研修・同窓会委員会主催の本校卒業生による講演会と茶屋四郎次郎記念学術学会主催の講演会が行われました。講演は、本校理学療法学科卒業生で株式会社Welloopリハビリ専門デイサービスみなともに勤務されている堺裕太先生による「杖の開発とViconを用いた動作分析についての報告」というテーマで行われました。堺先生は本校に設置しているVicon(3次元動作解析器)を使用して収集したデータを元に片麻痺者の方々がこれまで使用している一本杖や多点杖のデメリットを解消するため、そして行動範囲を広げるための新たな杖の開発に携わっており、これまでの活動について熱心に語っていただきました。
    そして本校に事務局を置く茶屋四郎次郎記念学術学会主催の講演会として東京女子医科大学附属成人医学センター所長・特任教授の上塚芳郎先生による「心臓の不整脈と脳卒中」というテーマで行われました。
    両講演とも理学療法士、作業療法士といった医療従事者をめざす本校の学生たちも興味深く聞き入っていました。こういった講演等これからも学生たちに「学ぶ機会」を提供してまいります。

    堺裕太先生による「杖の開発とViconを用いた動作分析についての報告」

    上塚芳郎先生による「心臓の不整脈と脳卒中」

    お知らせ

    2019年12月25日

    年末年始の事務取り扱いについて

    まことに恐れ入りますが、下記期間の事務取り扱いは、お休みさせていただいております。

    2019年12月27日(金)~2020年1月5日(日)

    受付業務は2020年1月6日(月)の13時から開始いたします。
    何卒、よろしくお願い申し上げます。

    ニュース

    2019年10月30日

    東京福祉大学教員採用試験合格速報!(2019年10月30日現在)

    系列の東京福祉大学の学生が今年も続々と教員採用試験に合格しています。

    教員採用試験合格者38名

    (2019年10月30日現在)

    東京福祉大学教員採用試験合格速報の詳細はこちら

    ニュース

    2019年10月29日

    東京福祉大学グループ公務員試験合格速報!(2019年10月29日現在)

    保育・介護・ビジネス名古屋専門学校をはじめ、東京福祉大学グループの学生が今年も続々と公務員試験に合格しています。

    一次試験合格者86名
    二次以降・最終試験合格者25名
    (2019年10月29日現在)

    東京福祉大学グループ公務員試験合格速報の詳細はこちら

    ニュース

    2019年10月29日

    東京福祉大学グループ公務員試験合格速報!(2019年10月29日現在)

    東京福祉大学グループの学生が今年も続々と公務員試験に合格しています。

    一次試験合格者86名
    二次以降・最終試験合格者25名
    (2019年10月29日現在)

    東京福祉大学グループ公務員試験合格速報の詳細はこちら

    重要なお知らせ

    2019年10月10日

    台風19号接近に伴う10月12日(土)実施のAO登録・オープンキャンパス予定変更のお知らせ

    学校法人たちばな学園では、台風19号接近の予報を受けまして、参加者の皆様の安全を考慮した結果、10月12日(土)に予定していた行事については下記の通り変更することといたしました。

    ●保育・介護・ビジネス名古屋専門学校/理学・作業名古屋専門学校のAOエントリー登録⇒10月19日(土)【集合時間10:00】に延期

    ●理学・作業名古屋専門学校オープンキャンパス⇒中止
    楽しみにして頂いておりました皆さまには、ご迷惑をおかけします。次回の予定は11月2日(土)となります。ご希望の方はぜひご予約ください。

    https://www.nagoya-college.ac.jp/rigaku/request/eventparticipation.html

    ニュース

    2019年10月10日

    理学療法学科・作業療法学科1年生を対象にマナーセミナーが行われました

    9月19日(木)に、理学療法学科・作業療法学科1年生を対象としたマナーセミナーが行われ、外部講師の方による医療系接遇マナー講座、名鉄ニューグランドホテルでのテーブルマナー、劇団四季ミュージカルの鑑賞の3つのプログラムで学びました。日本トータルアカデミー様からお越しいただいた講師による医療系接遇マナー講座では、相手に満足を提供する行動や、あいさつや言葉遣い、将来実習先や就職先でも役に立つ就業マナーについて学ぶことができました。テーブルマナーでは、学生が普段食べられないような美味しい料理を前にナイフ・フォークの使い方やスープの飲み方、パンの食べ方など食事中のマナーについて学びました。ミュージカル鑑賞では、講座での教えを受け、マナーを守って鑑賞できました。公共の場での集団移動や行動を通して協調性や社会性を養い、クラスメイトとの親睦を深めるよい機会になりました。本校では、このように1年生の頃から一人前の社会人となって社会にはばたくための準備を行っております。理学療法士・作業療法士ともに相手をするのは人間です。リハビリテーションを行う上で、大切なのは信頼関係であり、信頼関係を築くにはマナーが必須だと考えております。今の1年生は今回のセミナーで学んだことをどのように活かしてくれるのでしょうか。そして、今後3年半どのように過ごしマナーを身に付け、社会に貢献する理学療法士・作業療法士になってくれるのでしょうか。教職員一同楽しみです。

    医療系接遇マナー講座

    名鉄ニューグランドホテルでのテーブルマナー

    劇団四季ミュージカル鑑賞

    重要なお知らせ

    2019年10月10日

    保育・介護・ビジネス名古屋専門学校の学生が参加を予定していました第19回長者町ゑびす祭りは中止となりました。

    保育・介護・ビジネス名古屋専門学校の学生が参加を予定していました第19回長者町ゑびす祭りですが、台風19号接近の予報を受けまして、10月12日(土)、13日(日)の両日とも中止となりました。詳細はゑびす祭り公式ホームページをご覧ください。

    第19回長者町ゑびす祭りホームページ

    http://www.yebisu-m.com/

    ニュース

    2019年09月21日

    高等教育の修学支援新制度(給付型奨学金と授業料等減免)の対象校と認められました。

    理学・作業名古屋専門学校は、2020年4月より実施される高等教育の修学支援新制度(給付型奨学金と授業料等免除<入学金を含む>)の対象校と認められました。この新制度は経済的理由で進学をあきらめないよう、学びたい気持ちを応援する制度で、世帯収入の要件を満たす住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の学ぶ意欲のある学生に対し、返還不要の給付型奨学金と授業料・入学金の減免(免除または減額)の二つの支援を受けることができます。

    下記のリンクをクリックすると、申請書がご覧いただけます。
    高等教育の修学支援新制度機関要件の確認申請書

    <参考:文部科学省ホームページ>
    高等教育の修学支援制度特設ページ

    <参考:愛知県ホームページ>
    高等教育の修学支援新制度対象校

    ニュース

    2019年09月20日

    ボランティア委員会 活動報告(8月)

    ボランティア委員会 活動報告(8月) PDF版はこちら

     

    ★ボランティア委員会の目的★
     ボランティア委員会としての地域福祉への貢献。学生が早期に理学療法士、作業療法士の働く様子、自分達の学んだことと現場をつなげ、勉強に対するモチベーションを高める。病院や老人保健施設の患者様や利用者様と接する機会を得ることが理学療法士、作業療法士となる上で貴重な経験となるため。学生のボランティア活動参加への支援のため。

     

    ボランティア委員会として今年は老人保健施設の夏祭りボランティアに参加して参りました。両学科からさまざまな学年の学生や卒業生も参加し、交流できる機会となりました。

     

    ★8月4日(日) 老人保健施設ラベンダー★
     学生たちは金魚すくい、ボール投げ等のゲーム屋台のスタッフや、利用者様の付き添いスタッフとして参加しました。利用者様の付き添いスタッフは、食事をどのようにすれば自分で食べられるか、車いすをどのように押せば良いか、認知症や記憶障害の方にどう話しかけるとお返事がいただけるかといったことを考えることができたり、利用者様と目線を合わせてコミュニケーションを取る大切さを体験できました。

     

     学生たちからは「学校ではできない良い体験ができた。」、「学校で学んだ患者様との距離について実践でき、話し方や目線の合わせ方について学ぶことができた。」、「スタッフの動きを見て、臨床実習や働くときのイメージができた。」という意見が聞かれ、貴重な一日となりました。

     

    ★8月25日(日) 老人保健施設ハートフルライフ西城 ★
     学生たちは風船釣り、輪投げ等のゲーム屋台やたこやき、アイスクリーム等飲食屋台のスタッフとして参加しました。理学療法士、作業療法士も勤務している施設のため、ゲームの内容や難易度等がリハビリテーションに繋がる内容となっており、治療プログラムを立てるときの視点や、身体機能面をどのように診るかといったことをボランティアを通じて学ぶことができました。

     学生たちからは「先輩が利用者様を見ている視点に比べると自分はまだまだだと思った。」、「麻痺のある方の実際の歩行状態を見ることができ、どんなことを見ていけば良いかわかった。」、「目的に応じてプログラムが設定されていることがわかった。」という意見が聞かれ、貴重な一日となりました。

  • お知らせ 重要なお知らせ ニュース
To Top