東京福祉大学卒業資格も同時取得|めざすのは保育士、幼稚園教諭、小学校教諭、社会福祉士、介護福祉士、カウンセラー

学校法人たちばな学園 厚生労働大臣指定校

新着情報


  • ニュース

    2018年07月14日

    ボランティア部AIAIが子ども食堂に参加しました!

     愛知県からモデル事業として委託を受けた愛知県調理師会の子ども食堂「グーチョキパー」が、会場となるニチエイ調理専門学校と本校ボランティア部AIAIの協力の下、6月24日(日)からスタートしました。
     子ども食堂とは、地域の子ども達が自由に集まって手軽に食事を楽しめる場所です。さまざまな家庭の中には、保護者が忙しく、子どもだけで食事をとらざる得ない子ども達もいますので、そういった子ども達にとっては、みんなでご飯を食べられる楽しい時間や場所になればと期待されており、近年、たくさんの子ども食堂が全国で誕生しています。
     ボランティア部AIAIは、子ども食堂の看板を作ったり、子ども食堂に集まった子ども達が仲よく楽しく食事を共にすることができるように、交流時間のさまざまな交流活動を準備したりしてきました。6月24日(日)の交流時間では、参加した子どもの名前を使ったビンゴや、ジャンケン列車、爆弾ゲーム、クイズなどを一緒に楽しみ、その後、おいしい料理を子ども達と一緒に楽しんで子ども達との交流を深めました。参加した子どもたちからは「また行きたい」という声も聞かれ、子どもたちにとっても、また学生にとっても楽しい一日となりました。
     子ども食堂「グーチョキパー」は、毎回県内でも有名な料理人が監修した料理が食べられるのが特徴で、今回は和食のメニューでしたが、次回7月16日(月・祝)はバイキング形式で楽しめる内容になっているそうです。なお、年内にあと4回行われ、フレンチ、中華、日本料理などが振る舞われ、楽しく食事をしながらも、さまざまな食文化に触れる機会が提供されるそうです。
    クイズでは子どもたちが積極的に答えてくれました
    子どもたちといっしょにおいしい料理をいただきました
    子ども食堂「グーチョキパー」の看板は学生が描きました
     
    子ども食堂の詳細はコチラ
     

    ニュース

    2018年07月14日

    留学生(りゅうがくせい)の川柳(せんりゅう)コンテストが行(おこな)われました!

     日本(にほん)には、川柳(せんりゅう)という『5・7・5』の17音(おん)で作(つく)られる日本(にほん)伝統(でんとう)の世界(せかい)で1番(ばん)短(みじか)い詩(し)があります。先日(せんじつ)、当校(とうこう)の国際(こくさい)教養(きょうよう)学科(がっか)では1年生(ねんせい)を対象(たいしょう)にこの川柳(せんりゅう)のコンテストを行(おこな)いました。テーマは「アルバイトは週(しゅう)28時間(じかん)まで」です。留学生(りゅうがくせい)の皆(みな)さんは川柳(せんりゅう)を作(つく)りながら、アルバイトのルールを守(まも)る大切(たいせつ)さを学(まな)びました。
     最優秀(さいゆうしゅう)作品(さくひん)賞(しょう)は『アルバイト! 決(き)めた時間(じかん)を 守(まも)ります』と作(つく)ったTRUONG THI MY HANHさん(ベトナム)で、賞状(しょうじょう)が贈(おく)られました。
    その他(ほか)にも優秀(ゆうしゅう)な作品(さくひん)が、各校舎(かくこうしゃ)に貼(は)ってあります。

    ニュース

    2018年07月13日

    社会福祉学科の新入生を対象とした福祉研修が行われました!

     社会福祉学科ではさまざまな福祉の施設・機関、イベントでの見学やボランティア体験を行う、福祉研修やフィールドワークの授業が組まれています。
     今回の福祉研修では、6月9日(土)に行われた社会福祉法人むつみ福祉会の「むつみ祭り」で、ボランティア部AIAIが出店する駄菓子の販売やおもちゃのくじ引きから、お祭りの後片付けまでを手伝うというボランティア活動を行いました。
     参加した新入生は、AIAIスタッフやAIAIと同じ「ふれんず」というボランティア団体に所属する「よりみちサロン」のスタッフ、障がい者の方達と共に活動を行い、お祭りを盛り上げてくれました。学生達はお祭りに来た子どもや障がい者の方たちに笑顔で対応し、積極的に販売から後片付けまで手伝ってくれたため、閉会後、施設の方からも感謝の言葉をいただきました。
     研修後、参加した新入生からは「いろいろな方と接することができて楽しかった」、「良い経験ができた」という声も聞かれましたので、これからの実習や就職に役立つ貴重な体験ができたのではないかと思います。
     今年度、社会福祉学科では、このほか4月に障がい者施設「しらとり」のお祭りでのボランティア、5月に「ウェルフェア(国際福祉健康産業展)」の見学を行いました。また、今後も7月になごや人権啓発センターの見学、10月~3月にボランティア部AIAIが障がい者の方達を集めて開く「AIAIカフェ」のボランティアなどを行う予定で、福祉研修やフィールドワークがとても充実しています。

    ニュース

    2018年07月03日

    本校で茶屋四郎次郎記念学術学会の講演会が行われました

     6月5日(火)、本校講堂にて茶屋四郎次郎記念学術学会の講演会が行われ、本学の学生を含め125名が参加しました。
     講演は、前千葉県知事、元参議院議員で現在は女子刑務所のあり方研究委員会委員長としてご活躍されている堂本暁子氏による「社会を映す女子刑務所~求められる司法と福祉の連携~」と題して行われました。
     堂本氏は、2012年9月に初めて女子刑務所を訪問したのをきっかけに、「女子刑務所のあり方研究委員会」を立ち上げて国の女子施設地域支援モデル事業に民間の立場から協力し、これにより全国10か所の女子刑務所において官民サポート体制を確立することができた成果をお話しされました。また、ご自身が視察した国内外の各施設の実態を紹介し、刑務所問題と今後の課題を挙げられました。
     講演の中で、堂本氏は女子刑務所における社会福祉士、理学療法士、作業療法士の重要性に触れられ、参加した学生にとって実り多い内容となりました。
     講演会後には、東京福祉大学大学院生による研究発表会が行われ、東京福祉大学大学院社会福祉学研究科博士課程の園田直子さんによる「転院受け入れ業務に関わる地域医療連携室ソーシャルワーカーの役割―転院調整業務の分析を通して―」の発表があり、本校の学生が福祉の研究について話を聞ける貴重な機会となりました。
     

    お知らせ

    2018年05月29日

    本校の留学生が春の揚輝荘国際交流会に参加しました!!

    5月13日(日)に名古屋市千種区の揚輝荘にて行われた2018年春の国際交流会に本校で学ぶ留学生が参加しました。この交流会では、日本文化に触れることができるため、年々多くの留学生が参加しており、今回は本校をはじめとした東京福祉大学グループの留学生約20名が参加しました。この日雨だったため、通常では外で行うお茶会を三賞亭(名古屋市指定有形文化財の貴重な茶室)で行い、抹茶と和菓子をいただきました。その後、箏演奏や生け花を実際に体験したり、よさこい鳴子踊りではレクチャーされた振り付けに合わせて踊ったりと楽しい一日となりました。

    揚輝荘国際交流会
    「揚輝荘」は昭和5年頃からアジアの留学生を受け入れ、その寄宿舎としても使われていた歴史を持つ貴重な文化遺産です。そんな国際性のある「揚輝荘」で年に春と秋の2回、留学生をはじめとした各国外国の皆さんと多文化交流できる機会として国際交流会が行われています。例年本校で学ぶ留学生も参加しています。

     

    お知らせ

    2018年04月29日

    GW中の事務取り扱いについて

    まことに恐れ入りますが、下記期間の事務取り扱いは、お休みさせていただいております。
    4月30日(月)~5月6日(日)
    受付業務は5月7日(月)から開始いたします。
    何卒、よろしくお願い申し上げます。

    ニュース

    2018年04月09日

    本学園創立者がラジオ番組に出演!

    CBCラジオで毎週月曜日に放送されている「名古屋おもてなし武将隊 戦国音絵巻」に本学園創立者が出演します。徳川家康の伊賀越えを助けたことで有名な茶屋四郎次郎は本学園の創立者の先祖で、創立者はなんと17代当主!!茶屋四郎次郎はさまざまな事情に携わり、御朱印船貿易では海外貿易に従事し、徳川家康の幕府の成立に協力しました。また、新田開発を行い、名古屋市港区には茶屋新田・後新田という地名が今日まで残っています。もし、茶屋四郎次郎がいなかったら、江戸時代も明治維新も、そして我々が生きているこの21世紀の世の中も違ったものになっていたことでしょう。この徳川家康と茶屋四郎次郎とのつながりから、創立者と、名古屋おもてなし武将隊の徳川家康公と、第九回朝日時代小説大賞受賞の「茶屋四郎次郎、伊賀を駆ける」の著者である諏訪宗篤氏による対談が実現。公開収録され、伊賀越えや、茶屋家の現在、未来についての熱いトークが繰り広げられました。この模様は4月16日(月)に放送予定です。また、当日、インターネットラジオのradikoで聞くことも可能です。

     

    「名古屋おもてなし武将隊 戦国音絵巻」番組HP
    http://hicbc.com/radio/busho-tai/
     

    radiko
    http://radiko.jp/

     

    名古屋おもてなし武将隊の公式サイト

    http://busho-tai.jp/

     

     

     

    ニュース

    2018年03月12日

    名古屋市中区制110周年記念事業動画に本校留学生が出演!!

    名古屋市中区制110周年記念事業動画に本校留学生が出演!!

    名古屋市中区制110周年記念事業で区民へ発信する動画作成のため、本校国際ビジネス情報学科の留学生の撮影が行われました。中区広報大使に任命された女性アイドルグループ「OSU」のメンバーが来校し、留学生に日本に来て驚いたことや、学校のある中区のこと、また、将来の夢などをインタビューしていただきました。撮影中は、なごやかな雰囲気で、楽しく、そして真剣に話をしていた留学生の姿が印象的でした。この日撮影された動画は近々YouTubeで配信される予定です。

    左から斉藤めぐさん(OSU)、高橋萌さん(OSU)、Astha Tuladharさん(名古屋を中心に活動されているネパール出身の女性)、左から4人目からの6名が本校国際ビジネス情報学科で学ぶ留学生

    お知らせ

    2018年03月01日

    給付型奨学生入学の特待生が決定

    Special奨学生
    4年間の授業料+施設設備日+希望者は海外短期研修・留学費用が半額で参加できる
    最大400万円が支給される奨学生制度

    社会福祉学科 心理学コース 1名

    特待生A/給付型の奨学金を初年度に50万円を支給

    社会福祉学科 社会福祉コース 1名

    特待生B/給付型の奨学金を初年度に20万円を支給

    社会福祉学科 社会福祉コース 2名


    給付型奨学生入学は来年度も行います。充実した奨学金制度で、心理・保育(幼児教育)・福祉・教育の分野で社会に貢献できる優秀な人材を育ててまいります。 詳しくは、奨学金・教育ローンについてをご覧ください。 

    コチラ

    お知らせ

    2018年03月01日

    イベント参加者交通費補助制度がはじまります!

    本学園では、体験入学などのイベントに参加する際の交通費を一部補助する制度がはじまります。 
    詳しくはコチラ
     

  • お知らせ 重要なお知らせ ニュース
  • デジタルパンフレット
  • 理学・作業名古屋専門学校
  • 東京福祉大学
留学をご希望の方へ To those wishing to study abroad

Share it on social

資料請求 イベント申込 通信教育の資料請求・説明会申込 お問い合わせ
To Top