学校法人たちばな学園 厚生労働大臣指定校|東京福祉大学名古屋キャンパス併修校

保育・介護・ビジネス名古屋専門学校

Telephone number 0120-159-672

たちばな学園 ●プライバシーポリシー ●アクセス ●お問い合わせ ●資料請求/イベント申込 ●資料請求(通信課程) ●資料請求(留学生)

  <特集>
「教育にえている教師」編

    学生に教えるためには、まず自ら学ぶこと!
    そんな学園のポリシーを実践する先生たちは、
    日々生きた学びを追求し勉強を積み重ねています。
    教えることに情熱を燃やす二人の先生にお話を伺いました。



本校の先生から授業を受けてみませんか?
体験入学の参加申込はこちら   

前田幸治先生
公務員・保育・介護・ビジネス専門学校
社会福祉学科

「めざすのは相手の目線で考え行動できる人。
 だから教師も学生目線が大切だ!」

 私は、教師となった時から、「教師も学生も同じ人、上下の順位は作らない」ということを身上としてきました。授業中も「くん」「さん」づけで呼び、一緒に授業を作っていこうという姿勢でいます。授業にはディスカッションも多く取り入れ、予想もしない意見、答えも覚悟しながら学生たちを導くという、一方通行の講義にはない緊張感があり、毎回私自身が真剣勝負なんです。

「イベントの企画・運営も勉強だ。
 地域の方々と交流しながら成長しよう!」
 「地域コミュニケーションワーク」の授業の一環として、四年前から
「ゑびす祭り」に参加しています。これは、本校のあるエリアの街興
しイベントなんです。毎年11月(2012/11/10,11開催)に名古屋市丸
の内の長者町で開催されます。実際に地域の方々と触れ合い、授業だ
けでは得られない体験ができる貴重な時間です。親子で楽しめる風車
づくりやお面づくりのできるブースを企画しています。当日を目指し
て企画運営の準備に忙しい毎日です。

「理想は自分で気づき、学び取ること。
 学生同士で学ぶきっかけを作ろう!」
 本校は小規模なので、先輩後輩も顔見知りです。そこで新入生歓迎会
や秋のミュージカル観劇、冬の宿泊研修など全学年合同で行うイベントを数多く用意しています。学年
を横断したコミュニケーションで、学生たちはさらに視野を広めていきますね。後輩は、先輩の姿を見て自分の将来を描くことができるでしょう?その意味でも先輩はいばってばかりはいられませんよね。

「実習は人気。心と体で体験してこそ学べるものがある。」

 充実した本校の実習プログラムの中からぜひご紹介したい授業が二つあります。まず「ピアノ演習」(保育士・幼稚園教諭コース、教育学コース)。入学時まったくピアノが弾けなくても心配は要りません。誰でも弾けるようになるまでていねいにレッスンをします。また本校の系列研究施設として「とくしげ保育園」(名古屋市緑区)での実習が上げられます。一年次から園児とのふれあう授業を多数開講し、実践教育を行っているのです。

バックナンバー
2012/7月号
2012/8月号
2012/9月号 
2012/10月号
2012/11月号
2012/12月号
2013/1月号
2013/2月号
2013/3月号
2013/4月号