学校法人たちばな学園 厚生労働大臣指定校|東京福祉大学名古屋キャンパス併修校

保育・介護・ビジネス名古屋専門学校

Telephone number 0120-159-672

たちばな学園 ●プライバシーポリシー ●交通アクセス ●お問い合わせ ●資料請求/イベント申込 ●資料請求(通信教育課程)

<特集>
「体験入学においでよ!」編

体験入学は学校の雰囲気や学びの内容を深く知れる、絶好のチャンス。先輩たちもスタッフとして参加するので、学校の様子がより具体的にわかります。今回は体験入学を支える学生たちに、その魅力を語ってもらいます。

本校の先生から授業を受けて
みませんか?
保育園見学ツアー・体験入学の参加申込はこちら












佐藤 葵さん

(愛知県立津島北高等学校出身)
公務員・保育・介護・ビジネス専門学校
保育士・幼稚園教諭コース 3年



私は、入学前は高校生として体験入学に何度も参加しましたし、入学後は学生スタッフとしても何度も体験入学に参加しています。 私が幼稚園の先生をめざしたのは、中学の職場体験でした。ちょうどプールの時間だったのですが、先生も子どもたちもみんな笑顔。こんな素敵な場所で働きたいと憧れを抱き、先生になることに決めました。しかし、いざ進路を決める時になると、大学に行くか、短大に行くか、専門学校に行くかとても迷いました。そこで参加したのがこの学校の体験入学です。大学の資格も取れるし、少人数で4年間じっくり時間をかけて学ぶことができる。この学校は私にピッタリだ!と感じて、それ以来、何度も体験入学に足を運びました。私が参加した体験入学は、先輩方がパネルシアターをしてくれました。私たち体験者と先輩とでは全然違って……。「どうやって学ぶんですか?」と聞いたら、「何度も実践すれば慣れてくるよ」と優しい言葉を掛けてもらいました。あと、不安だったのがピアノ。男の先輩たちは「初心者だったけど、弾き語りができるようになったよ」と教えてくれました。一人1台ピアノを使って90分授業ができることも驚きました。先生方も実際に保育園の先生だった方や声楽を教えてくれる先生もいらっしゃって、この学校だったら自分が成長できると感じました。 私は、スタッフとして学校の魅力を伝えたり、保育園ツアーに同行しています。高校生のうちから保育園の現場に入って、子どもたちと触れ合う機会はなかなかないと思います。とても貴重な機会ですよ。受験へのやる気にもなるし、ぜひ参加してもらいたいです。学校から保育園までは車で移動するのですが、移動中は私たちが手遊びを披露したり、高校生の質問に答えたりします。私たちは全力でやるので、ぜひ楽しんでもらいたいです(笑)。私はこの学校が大好き! 高校生の皆さんからの質問はなんでも答えちゃいます。聞きにくいかな…というようなことでも、全然平気ですよ。年が近いから言いやすいこともあると思いますし、ぜひ一度、足を運んでください。保護者の皆さんの参加もお待ちしています。



           動物たちと触れ合える保育園見学ツアーもありますよ!!
      
保育園見学ツアーでは実際の保育の現場を見学するだけでなく園児や飼育している小動物たちともふれあうことができるのでとっても楽しいです。ぜひ遊びに来て下さい。
         保育園見学ツアーで出会える動物たち
                    
 げんきくん(やぎ)   あひるさん        うさぎさん      こゆきちゃん(やぎ)






河口 賢人さん

(一宮市立起工業高等学校出身)
公務員・保育・介護・ビジネス専門学校
介護福祉学科 1年



僕は、介護福祉士になりたくて、この学校に入りました。祖父が体が不自由だったこともあり、介護の仕事が身近にあったのです。 入学前に参加したのは、説明会。入学金や授業料、授業の内容、介護福祉士の仕事について教えてもらいましたが、質問に答えてくださった先生がとても優しくて……。「こんな先生の元で勉強したい!」と思い、入学を決めました。 その先生には「介護福祉士は人と人とを結びつける仕事だよ」と教えてもらいました。相手のことはもちろん、自分のことも理解しながら行う仕事だよと言われた覚えがあります。 そんな先生方とは、入学後も仲良し! 「仲良し」というと友だち同士のような感じがしますが、気軽に話ができて、わからないことがあればとことん質問に答えてくれます。他愛のない話もしますよ。 体験入学では、白内障患者の疑似体験などを行います。白内障患者の疑似体験ができるメガネを掛けて折り紙をしたのですが、自分より参加した高校生が器用にこなしてしまって焦ったこともありますが…(笑)。でも、そうやって楽しみながら学校で行う授業内容を知れることは、体験入学の魅力だと思います。楽しい授業を通して、先生との距離感が近い、この学校の雰囲気を高校生に伝えていきたいと思っています。学校の雰囲気はパンフレットなどの資料だけではわかりません。ぜひ、一度体験入学に参加して、自分の肌で僕たちの学校を感じてください!












柘植 友香さん

(愛知県立豊田南高等学校出身)
公務員・保育・介護・ビジネス専門学校
介護福祉学科 1年



私は入学前に体験授業を受けました。でこぼこの道を通ったり、段差を通ったり、車椅子の操作を学びました。車椅子に触るのは初めての経験で……。最初は上手くできなかったのですが、そんな時も先輩が優しく教えてくれました。難しいな、大変だなと思っていると、先輩は「そこ、難しいよね」と声を掛けてくれて、リラックスしながら授業を受けられたことが印象的です。実際に授業を受けてみる事で「こんな授業が受けられるなら、ぜひこの学校に入りたい」という気持ちが芽生えました。 私が体験入学のスタッフとして行ったのは「手話」。正直、人前で手話をやるのは初めてでとっても緊張していたのですが……。相手の顔を見ながら、ていねいにゆっくりやることを心がけました。高校生からは「手話も授業で習うことができるんですね」「楽しかったです」と優しい言葉をいただき、こっちまで嬉しくなりました。 高校生からは、学校の制度や具体的な授業内容を聞かれることがよくあります。不安に思っている高校生が多いのだなというのが私の実感です。でも、この学校なら大丈夫! わからないことがあれば先生がわかりやすく教えてくれますし、私自身毎日楽しく学ぶことができています。 体験入学の一番の魅力は在校生と直接話せることだと思います。年も近いですし、先生に聞きづらいこともなんでも聞いてください。体験入学で直接相談すれば、自分が抱いている不安も、すっと消えてしまうことも多いと思いますよ。






中瀬 拓也さん

(三重県立久居農林高等学校出身)
理学・作業名古屋専門学校
理学療法学科 1年



理学療法士をめざしたのは、高校生のとき。野球部の練習中に肉離れを起こして、理学療法士さんに治療してもらったことがきっかけでした。さらに理学療法士への想いを強くしたのが、この学校の説明会でした。僕の高校の野球部の先輩が、この学校の卒業生だったのです。その先輩は、甲子園に出場した時のエースで、憧れの人。その先輩も三重県で理学療法士として働いていることを知り、自分も同じ道を行くんだ!と心に決めました。 僕が体験した授業は、障がい者が使う「自助具」を使って、お皿の豆を移し替える動作。とても難しかったですが、障がい者の方がどのような想いをしているのか実感することができ、この経験も理学療法士への想いを強めた経験となりました。 説明会で先生に質問したのは、三重県から通えるかどうか。一人暮らしも考えましたが、先生方がサポートしてくださいますし、家から問題なく通うことができています。先生方がとても親切なので、勉強にも身が入ります。 体験授業では、高校生に自助具のスプーンを用いて食事動作を体験してもらいました。筋肉の使い方を工夫して生活していることが高校生にも伝わったのではないでしょうか。高校生とは話をしながら楽しんで、授業を行うことができました。「どんな部活をしていましたか?」「どうして理学療法士になりたいと思ったのですか?」といろんな質問もしましたね。「どんな先生がいらっしゃいますか?」というような質問を受けたので「先生はフレンドリーだし、授業も分かりやすいですよ」と答えました。僕自身もそうでしたが、優しい先生はこの学校の魅力のひとつです。先生と直接話せるのも、体験入学のいいところなので、ぜひ活用してください。












髙田 里美さん

(長崎県立島原農業高等学校出身)
理学・作業名古屋専門学校
理学療法学科 1年



私は農業系の高校に通っていたのですが、医療系の仕事に興味があり、長崎からこの学校を受験しました。体験入学では、学校の雰囲気を知れたり、具体的な授業内容を知ることができ、とても貴重な経験となりましたが、一番は憧れの先輩に出会ったこと。私が、体験入学のスタッフをやっているのも、同じくスタッフとして働いている憧れの先輩のようになりたいと思っているからです。 授業は正直、大変です。専門的な知識を習得しなくてはいけませんし、人の命を預かる仕事ですから……。でも、先生が親切に教えてくださるので、心配はいりません。授業外にも指導してくださいますし、先輩も相談に乗ってもらえます。 私が今日、ペアを組んだ子は高校1年生だったのですが、すでに将来の目標が明確にあって、しっかりしているな、と感心してしまいました。体験入学では、高校1年生の早い段階からも参加出来ますし、将来の目標がまだ見えていない人でも参加OKです。興味があったら、ぜひ、実際に足を運んで見ることをおすすめします。優しい先輩が待っていますよ!

バックナンバー
2012/7月号
2012/8月号
2012/9月号 
2012/10月号
2012/11月号
2012/12月号
2013/1月号
2013/2月号
2013/3月号
2013/4月号