TNPress12



<特集>
海外短期研修・留学で世界を見るぞ編
今回のTNPressは東京福祉大学名古屋グループの特徴ある海外研修・留学をご紹介します。行ってきたばかりの学生さんへインタビューも行いました。

森 季穂 さん
公務員・保育・介護・ビジネス専門学校
社会福祉学科 心理学コース1年

愛知県立愛知商業高校 出身



アメリカ短期研修へいってきていかがでしたか?

普段体験することのないハーバード大学での授業や アメリカの幼児教育の現場や医療・介護などの福祉施設施設へも行きました。日本ではなかなか体験できない経験でした。 勉強以外にもディナークルーズやショッピング、ニューヨーク・ボストンの街を観光できたのも楽しかったです。

アメリカでは様々な体験をされたとのことですが、印象に残っているい事はありますか?
大都市のニューヨークでしたが人々はフレンドリーで気軽に「観光客?」と声をかけてくれたことは予想外でした。 日本だとあまりない経験で、いろいろな国から人が集まるニューヨークだからなのかなと感じました。

ハーバード大学前にて一枚


質問アメリカでの経験をこれからの勉強にどう活かしていきたいですか?

アメリカで福祉の違いを明確に感じました。ケアの必要な人への意識がそもそも違っていて、区別するというか壁というか人を分けるような態度や言葉のようなものは見られませんでした。 人の役に立つ仕事を目指したいという気持ちとともに、さらに頑張って勉強したい、とこの研修を通して感じました、この経験で自分がどこまで貢献できるかわかりませんが、日本の福祉に役立っていきたいと思います。





皿井 翔 哉さん
理学・作業名古屋専門学校
理学療法学科 1年

愛知県立半田商業高校 出身





中国・海南医学院へ短期留学されていかがでしたか?
中国の日本への印象が悪いと思っていたので不安でしたが、実際の中国の方は親切でフレンドリーでした。海南島という場所だったのか全くそういうことを感じませんでした。人間同士になればそういうものは関係ないんだなと思いました。
では、海南島で見たことで変わったことなどありましたか?
1週間でしたからそこまで大きな変化はありませんでした、逆にあまり変わらない事に驚いたくらいです。 この留学が、初海外・初飛行機だったので今度は違う場所へも行ってみたいですね。
海南医学院では、何を学びましたか?
解剖学実習を受けたのが印象に残っています。献体を実際に触って人間の体の仕組みを実際に確かめる機会があったので、人間の体にさらに興味を持ちました。やはり体が全てのベースになるのでこれからも勉強していきたいと思います
中国での体験をどう活かしていきたいですか?
西洋医学と東洋医学が同じラインで学ばれていたことに驚きました。 鍼治療といった東洋医学も学びながら西洋医学も学べる環境は、興味深かったです。別の環境で色々学ぶことができたので、日本にいた時よりも勉強への意欲が出てきてます。これを活かして国家資格取得へ頑張っていきたいと思います。

撮影中のひとコマ、先輩ともいい関係です




Copyright © 2018 学校法人たちばな学園. All Rights Reserved.